「死に損ない」が伝えたいこと《#言葉はキミのヒカリになれるのか》

今、昔の私が救われた出来事と同じような事をすることに、気持ち悪さを薄々感じながら、キーボードの上で指を踊らせている。


かなり、偽善に近いから。昔の私が今の私を見たら吐きそうになるくらいに。

今、こうして読んでくれているあなたと、死にかけた昔の私を重ねている。

最初に謝っておきたい。ごめんなさい。


これは、今の私が存在しているという証明。

この先も、信念を突き通し生きていくという覚悟。

そして、昔の私へのメッセージ。

私のため。自己満足。ほぼ偽善。

許してほしい。でも読んでほしい。


私のヒカリとなってくれた言葉が、あなたのヒカリになってくれる淡い期待も込めながら。


言葉に救われたワタシ。

私は、高校1年生の夏、自分を殺そうとした。

本当は信じたいのに信じることの出来ない私も、感情がわからなくなっている私も、自身を繕ってしまう私も、大嫌いだった。

すると気づけば、声が出なくなってしまった。

そして、「死」が脳裏から離れなくなってしまった。


死んでしまった方が楽になれるのかもしれない。

私の価値なんてたかが知れてる。

私なんか生きてたって仕方がない。

と思っていたのに、死ねなかった。

自尊心こそない癖に、自己愛は立派すぎたのだ。


死ねない私をずっと責めて、苦しめた。

部屋から一歩も出ることなく、一週間、一か月と苦しめようとした。

でも何故か、苦しむことから考えることをはじめた。


八つ当たりした本を拾い、破りかけたノートを拾い、バリケードのために積んでいた辞書を読んだ。

ご飯を食べることもなく、誰とも話すこともなく、言葉を見つめては一日が過ぎ、寝る生活を過ごした。

本の中の言葉を見つめるのが好きで、美しい言葉の意味を調べ考えるのが好きで、言葉を紡ぐのが好きだった。


言葉はずっと私のそばにいてくれた。言葉はいつでも私の味方だった。


その時にノートから、ある言葉を見つけた。

「あなたの傷を知恵に変えなさい。」

アメリカの慈善家、有名な司会者でもあるOplah Winfreyの言葉である。


ずっとこの言葉に支えられてきたことも忘れていたのだ。


もう一回、言葉と一緒に生きられるかな。

言葉と一緒なら、こんな私も変えられるかな。

私、変わりたい。


言葉の力は私が生きていくためのヒカリだった。


死に損なって救われてしまったあの時から今にかけて、私の思いと考えで、動いてきた。

そしたら、多くの苦しむ人のために、私なりのアクションで力になろうと思えた。


だから今、私はこうして言葉を紡いでいる。

生きているよってもがいている。

今、私を信じてくれているすべての人のために、そして昔の私のために。

未だに、死ねなくてよかった、と言えないけれど、

いつか絶対、死ねなくてよかった、生きててよかった、と言わせてやりたい。


「死に損ない」のワタシが伝えたいこと

でも、今読んでいるあなたは、

「死にたい」「消えたい」「生きてる価値なんてない」「生きてても無駄」

と思っていたり、

「いつ死のう」「どうやって死のう」「遺書どうしよう」「バレずに死にたい」

と考えているかもしれない。


私は、そう思っているあなたでいいと思う。

それぐらい人生嫌になったんだよね、それぐらい生きづらいんだよね、それぐらい自分が嫌いで仕方ないんだよね。


「死んだら悲しむ人いるよ?」「死んだらだめだよ。」「生きたらいいことあるよ?」

なんていう人ばかりで、確かに正論でもあるのだけれど。


ぶっちゃけ、死ぬって決めたら、

そんな周りなんか見えない、倫理的な事もどうでもいい、未来を考えるのだって飽き飽き。

そもそも、死ぬって言わなかったら、絶対、何も言わなかったし、何も聞かなかったくせにって私はずっと思ってた。


私は死ねなかった人間で、途中で逃げ出した人間だけど。

でもだからこそ、簡単に「生きてほしい」だなんて言えない。

「死んだら悲しむ」だとか、「未来は明るいよ」だとか、絶対に言えないし、言いたくない。


だって、そんな簡単にやめられるものではないってわかってるから。


でも、ほんの1%でも1ミリでも「生きたい」って思ってるなら、死ねなかったって思ってでも逃げてほしい。

「消えたい、けれど死にたくない」って思ってるなら、消えられないと後悔してでも、生きよう。


自分の部屋にバリケード作ったっていい。公園、図書館、トイレに駆け込んだって、引きこもたっていい。中に私服着こんで、制服脱ぎ捨てて、ネカフェ入ってもゲーセン入ってもいい。無断欠席だってなんだっていいじゃない。


「生きたい」ってほんの少しでも思うなら、馬鹿でもいいから、あがいて、逃げて、生きろ。

その後悔は、生きて、生きて、力にでも、光にでも、知恵にでも、なんでも変えちゃえばいい。


私は生きるよ。

死ねなくてよかった、と思えるために。

生きててよかった、と感じられるために。


言葉の力に救われた命だから、言葉の力で光を照らしたいって思った。

私は、私なりの信念を守り続けて、私のやり方で、誰かの力になるって決めたから。


自分自身と向き合ってみて。


少しでも、ほんのちょっとでも、1%でも、「生きたい」と思っているのなら、「死にたくない」と思っているのなら、後悔してでも、何と言われようとも、ずるくても、逃げて、生きてよ。


私にその後悔を、思いを、教えてよ。

貴方が今、感じている事も、全部教えてよ。


頑張っても、立ち向かっても、逃げても、前に進めなくても、

貴方のどんな挑戦も、応援してる。


こんな記事の中から。




編集後記

執筆者

言葉の発信地 ヒカリテラス|「生きづらい」にヒカリを届ける発信地

『生きづらい』を前向きに。言葉の力で頑張るあなたを応援する言葉の発信地です。

0コメント

  • 1000 / 1000